第20話

episode20~演劇練習①~
423
2018/01/07 14:45
キーンコーンカーンコーン
麻耶
遥と乃々!ご飯食べよーっ!
4時間目が終わり、お昼休憩となった。
この時、私はずっとLINEのメッセージを見返してた。
乃々
うんー!…って、遥!いつまでノロケてるの?
いやー!ノロケてなんてないけどぉ〜♪
何故こんなにも上機嫌なのか、それはもちろん
柳瀬とLINEが出来ているからだ。
しかも!今でもLINEは続いてる!
(´ー`*)ウフフ
麻耶
もー、付き合っちゃえばいいのにね…
乃々
ホントよ。意地張る必要もう無くない?
うっ、そうだけど……
話をしながら、机をくっつける。
今までと対応違ったら、柳瀬引くでしょ?
乃々
えー、そんなことないと思うけど笑
だって、見てみ?アレ
そう指を指す方向には、
(๑-﹏-๑)
LINEを見ながらにやけている柳瀬がいた。
何アレ……カワイイ…!!!
頑張ってにやけないようにしてるみたいだけど、
口元が緩み切っているから、バレバレ。
麻耶
アッチも、よほど嬉しかったんだね!
遥がLINEを交換してくれて。
乃々
絶対告白したらいい、即付き合えるよ笑お似合いだしね?
そうかな…////
"告白"か……
勇気出ないよ…
~~~~~~~~~~~
時間はあっという間に進み、もう放課後。
よしっ!頑張ろ💪
麻耶
頑張って!白雪姫!
うん!
今日から演劇の練習がスタートする。
麻耶と乃々には別れを告げ、指示された体育館へと向う。
ハルちゃん!俺も行くー!
あ…うん///
突然のラッキーに驚いた。
そうだ、柳瀬と二人で練習するんだ…
考えただけで、ドキドキした。
ガラガラガラッ
委員長
あ、二人とも!早速だけどハイ。台本!
体育館に入ると、すぐに委員長から台本がわたされる。
パラパラ台本をめくってみると。
王子様「あぁ。なんて美しい姫…。死んでしまうなんてもったいないくらい…」
王子様から白雪姫にキスをする。
白雪姫目が覚める。
白雪姫「貴方が私を目覚めさせてくれたのですか…?」
王子様「はい…!私は貴方に恋をしてしまったようなんです…」
白雪姫「私も貴方に恋をしてしまったかも知れません…」
二人は見つめ合う
ナレーション「そのあと白雪姫は王子様と幸せに暮らしましたとさ」
委員長
少しラブシーンにアレンジ加えてるから。キスシーンも実際しなくてもいいことになってるけど、本当に盛り上がらせたいなら、しちゃってもいいよ笑
はーい♡
無理無理////
これ普通よりラブシーン多過ぎて付いてけない!!
委員長
さ、まずは自分のセリフ覚えちゃってねー!
と、言って他の役の人の所へ言ってしまった。
はぁ…//なんで、私やるなんて言っちゃったんだろ………
台本は、そんなに厚くなかった。
けど、私は覚えることが得意じゃないから台詞とか本当に苦手。
大丈夫だよ!ハルちゃんなら、出来るよ?
ニコッと微笑んでくれる。
うん…頑張るね…!
この演劇は皆、賞を狙いに来てる。足を引っ張らない様に頑張らないと!!
いざとなったら、俺の事バンバン頼っていいからね!
無意味に手を握られて、びっくりしたけど
きっと柳瀬なりの応援なんだ…//
ありがと!
そう思うと嬉しくて不安がどこかへ行って、笑顔になれた。私は、台本に視線を落とす。
うん…やっぱり、ハルちゃんは笑顔がいちばんかわいいよ…////ボソッ
~~~~~~~~~~~~~~~~~
台本を読んで見て思った事。
白雪姫の台詞そんな無い!うぇい!
出番は多いけど、喋ることはしなくていいんだ!
ε-(´∀`*)ホッ
これなら、一週間くらいあれば覚えられる……
何となく、柳瀬の方を向くと
…………
真面目な顔で、台本を読んでいた。
いつものチャラチャラした顔じゃない。。。
あんな顔みたら、もっと女子のファンが増えるんだろうな……
私が見過ぎてしまったせいか、柳瀬と目が合ってしまった。
もーそんな見ないでよ♡照れるじゃん!
また、いつもの柳瀬に戻ってしまう。
あの真剣な顔…かっこよかったな…///
いや!いまも普通にカッコイイケド
あ、う、わ、ちがうから!////
否定はしてるけど、ボキャブラリーが無さすぎて否定できてない
あ、そだ!ちょっと練習してもいい?
台本をちらっと見て、ニコニコと私に近寄る。
え、な、何?!
すると目の前に膝まづき、私の手をそっと持ち
私は貴方に恋をしてしまったようなんです…
甲の上に軽くキスをした。
!!!!!!?
え、え、え、
ちょ、演技だよね…………笑
頭では分かってるのに______
本当に自分が白雪姫で、柳瀬が王子様みたいな………
練習でこんなに完成度高いの…??////
どぉ?少しは、ドキってなった?
柳瀬の下から覗いてくる顔は、破壊力が半端じゃないのは確かである。目付きが急に色っぽくなって。。。
なるに決まってるだろーがァァっ!!
その程度で誰がなると思ってるの?w
ぜーんぜんだめー笑
๑•́ ₃ •̀๑)エー
そっかあ、じゃあ絶対ハルちゃんのこと当日キュンキュンさせてみせるからね!(๑و•̀ω•́)و
出来るもんならねぇー
そう言うと柳瀬はまた、台本を読んだ。
私って、すごいバカ?!!
自分の首を時分で絞めてどーする!!
これ以上カッコよくなられたら、演劇どころじゃないわ!



ここで、2つの目標が出来上がった。
柳瀬は"当日の演劇で絶対にハルちゃんをキュンキュンさせる"こと。
遥は"柳瀬のかっこよさに殺られないように演技に集中する"こと。
果してこれは、達成出来るのか!
ドキドキの演劇練習はまだまだ始まったばかりです……♡

「アンタなんて苦手だし。」
お気に入り100人越えありがとうございます!
いいね200越えありがとうございます!
コメントもくれたりして本当に嬉しいです(´;ω;`)
これからも頑張るので是非楽しんでみて下さい!

プリ小説オーディオドラマ