第21話

episode21~演劇練習②~
396
2018/01/08 16:09
委員長
今日はコレで終わり!
みんなお疲れ様!
はーい♡お疲れ~
役に当たった人達
お疲れ様ー
お疲れ様でしたー
今日は本当に台詞を覚えるだけで終わった。
結構緊張してたから、大分疲れた。
それぞれ、帰る準備をしている中
体育館を覗く視線が…、
ちらっと見てみると
○○
翔ー!
土曜日、遊園地で柳瀬と一緒に居た女のコだった。
あ、仁愛だ。
そう言って、柳瀬は"にな"ちゃんの所へ行った。
呼び捨てなんだ……
………
ズキッ
何だろ…この感じ。
柳瀬はになちゃんという子と親しげに話している。
私にはあの時デートじゃないって言ってたけど。
本当はデートだったんじゃないのかな…
色々嫌な考えが思いついてしまう。
すると話が終わったのか、柳瀬がこっちに戻ってきた
ハルちゃん今日も一緒に帰れる?
え、あ、う、うん!
急に誘われるからびっくりした。
しかも"今日も"って!!!
まあ、今は無駄に嫌な事考えるのはやめよう。
せっかく柳瀬といられるんだから
もう大丈夫?帰れる?
あ、ごめん、…はい!いいよ
パパッと、帰る準備を済ませ柳瀬に帰れると伝える。
んじゃ、帰ろー!
~~~~~~~~~~~~~
外は少し暗くて、冷たい風が吹く。
もうそんなに、生徒が帰ってる時間じゃなかったので演劇の練習で残っていた生徒しか居なかった。
なんかいいなぁ、こういうの笑
フフッ(✿´ ꒳ ` )
ん?どしたの?
あ、いや笑ごめん。何でもないよ
つい、カレカノっぽいと思ってしまい笑みがこぼれてしまった。
そう言えば、なんで今日一緒に帰ろうなんて言ったんだろう…?
あのさ、なんで今日一緒に帰ろうなんて言ったの?
直接聞いてみることにした。
普通に俺が一緒に帰りたかったからだよ♡
あ、そう…なんだ//
嬉しすぎて顔のニヤケが止まらず、下を向くしかなかった。
俺ね、昨日もだけど結構さ勇気振り絞ってハルちゃんのこと誘ってんだよ?
そうなの?あんなに軽々しく言ってるのに…?
うん!だからね?ハルちゃんが、こーして一緒に帰ってくれるだけで本当に嬉しいんだ!
ニコッと笑いながら、こっちを見て来る柳瀬に胸が高鳴った。
______好き__
たった二文字なのに…なんで言えないんだろう__
言わなきゃ_何も変わんない_!!!
柳瀬…!!!
私はその場で立ち止まる。
んー?何?
柳瀬も立ち止まる。
あ、あのね!!
ギュッとバックを持った手に力が入る。
私…や、やなs…///
...♪*゚...♪*゚
あ、ごめんね!ちょっと電話!
このタイミングで、柳瀬の電話が鳴る。
あ……うん
結構頑張ったのに……
あ、玲奈チャン?どしたー?
電話の相手はどうやら女のコらしい。
柳瀬ってもう私の事好きじゃないのかな…
別に一緒に帰るのなんて、好きじゃなくても帰れるしね…
私もしかして…勘違いしてたかな?
柳瀬は本当に私の事好きなのかな……
そう考えてしまうと、次々にネガティブな考えが浮かんでしまう。
柳瀬には沢山の女のコが周りにいて、選び放題で…
たまたま、あの時はちょっと目に入ったから遊んでやろーみたいな感じだったりして…
あ、ごめんねハルちゃん!んで、どうしたの?
電話を終えた柳瀬が戻ってきた。
あ、ううん笑何でもないや…
そう言って歩きはじめた
……?
ハルちゃんどうかしたの?
と言って私の顔を覗き込んできた。
あーあ。今は多分見られたらダメだ……
……っ…。こっち見んなバカ
色々考えすぎて泣きそうになる。
それを堪えて、柳瀬から顔を背ける。
怒ってるの…?
心配そうな顔をして見ていた。
怒ってないよ。。
私何してるんだろ…せっかく好きな人と帰れてるのに。
やだよ俺ハルちゃんのそんな悲しい顔見るの…
なんで…別にどーでもいいじゃん
いつの間にか私は柳瀬より歩くのが早くなっていた。
ぎゅ
……ッ!
だって、俺ハルちゃんの笑顔が好きだもん!そんな悲しい顔しないで?
早く歩く私を止めるように、手首をつかむ。
好きだなんて軽々しく言わないでよ…!!!
どうせ思ってないクセに。
柳瀬の手を振り払い、走って帰った。
ハルちゃん………

プリ小説オーディオドラマ