無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

555
2019/07/28

第58話

ただいま
あなた

ただいまーっと、

達也さん
ただいま〜

2時間ほど車を走らせ、家に着いた。


ほとんど寝ちゃったけど……
あなた

ずっと寝ちゃっててごめんなさい、
あとは私がやるのでお風呂はいってください!

達也さん
いーよ、いーよ、大丈夫!
僕もやるから!
あなた

でも、達也さん明日からお仕事だし!

達也さん
俺は可愛い寝顔見れて大満足なんだけど??
あなた

えっ、、、
いや!それとこれとは別です!!
早くお風呂はいってください!!!!

達也さん
はいはい〜
じゃあとりあえずお風呂入るね。
あなた

はい!


達也さんがお風呂に入っている間に洗濯機を回した。


その時、私のスマホに着信があることに気づく。


ん?誰だろう。


美穂かな?


私はスマホのロックを解除して確認してみた。


あ、翔馬からだ。


今、掛け直したほうがいいかな、?


迷った結果、かけ直さずに、LINEしてみることにした。
あなた

「ごめん!気づかなかった、、なんかあった?大丈夫、?」

送ってから、すぐに既読がつき、返信が来る。
翔馬
「急に電話して悪い。伝えておこうかなって思ったことがあったんだけど、やっぱ辞めとくわ。」
あなた

「え、なになに!気になる!」

翔馬
「そのうち分かる!今日はもう疲れてるだろうから、早く休め」
あなた

「んー、まぁ、そのうち分かるなら……
ありがとう、じゃあまたね!」

翔馬
「おう!」
伝えておきたいことってなんだろう……気になる……