無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

524
2019/07/28

第57話

3日目
あなた

すごい…綺麗ですね、


一日中遊び、神社に行ったり、風景を楽しんだ。


今は、海岸に座り、夕日を眺めている。
達也さん
うん、そうだね。
あなた

旅行ももう終わりですね、ちょっと寂しいです。


楽しい時間はあっという間に過ぎていく。


本当に、
達也さん
楽しかったなぁ、
あなた

楽しかったですね。

2人の声が被り、お互い顔を見合わせて笑った。


こんな瞬間でさえも、幸せでたまらない。
あなた

達也さん、

達也さん
ん?
あなた

私いま、幸せすぎてどうにかなっちゃいそうです!

達也さん
うん、俺も思ってた。
この時間がずっと続けばって。
あなた

私もです。
ずっと達也さんの隣にいられたらって。

達也さんの顔を覗き込むようにして微笑んだ。


そして、気づけば自然と手を重ねていた。
しばらく夕日を眺め、地平線の下へ沈む頃、


「じゃあ、行こうか」と優しく声をかけられ、私達は家に帰ることにした。