無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

私が何をした
side  JUMP


楽屋に入ったら心愛が泣いていた





























心愛「...み...みんなぁ、、、」

裕翔「ど...どうしたの ?」

心愛「あなたちゃんが .....」

圭人「なに?あなたに何かあったの?!」









心愛「...違うの...あなたちゃんが

私に『私のJUMPに近づくな』って

『近づいたらもっと酷いことする』って

私の事蹴ったり叩いたりして来て、

この録音聞いて.....?」





















『お前調子のんなよ。消えろよ。』

「...私そんなつもりないよ...!」

『うるせんだよ。口答えすんな!!』

バキ...ドコッ...______















心愛「思い出すだけで怖い.....」

JUMP「......嘘だろ...あなたがこんなことするはずない!!/ないよ!!/ねぇよ!!」

心愛「.....これ見てもそんなこと言える?」

JUMP「…………ッッ!!」

















































(そこには心愛の体中に酷い数の痣があった)
















JUMP(...ほ...ほんとなのか...)

心愛「...私を信じて...? お願い助けて 、」

JUMP「う...うん!分かった信じるよ 。」

宏太「今まで辛かったな。」

光「よく耐えたぞ、心愛。」

侑李「もう、心配しなくていいよ !」

心愛「………………うん 、♡」
























涼介「それにしてもアイツ最低だな」

大貴「ホントだよな、信じらんねぇよ」

慧「今まで信じてたのにね...」

涼介「ムカついてきたわ...」












雄也「だな……やり返してやろうぜ、」

涼介「いいな、それ」


































圭人「でも...それはちょっと...」

裕翔「だって...今まであなたは心愛ちゃんをいじめてたんだよ?当然でしょ!」