無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私が何をした
side  あなた


私は夢中で走った、とにかく誰もいない所に














ドンッ.....


















『す...すみません、』

?「大丈夫ですよ...ってあれ?あなた?」

私の名前を知ってるってことは知り合い ?





































顔を上げるとそこに居たのは...














































Sexy Zoneのみんなだった___




















風磨「なんかあったのか?」

『い...いいや、何も.....』

勝利「嘘つきだ...絶対なんかあったでしょ、」

『だ...だから何もないってば!』

私は逃げようとした、傷つくのが怖くて、






























けど.....





































バッ.....

健人「...逃がさないよ?」









































つかまっちゃいました.....

マリウス「何があったのか教えて ?」

勝利「あなたの悲しそうな顔見てらんない」

聡「そーだ、、!うちの楽屋来ない?」

風磨「おっ !松島にしてはいい案だな」

健人「こらこら、ここで松島いじりはおやめ」

(何だか... 暖かい人達に捕まったようです。)