無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

私が何をした
side  あなた



『 お世話になりました 。』



風磨「本当に大丈夫か、?」



勝利「またいつでもおいで 。」



マリウス「あなたちゃんなら大歓迎!」




聡「いつでも来てね、待ってるよ~~」




健人「辛くなったらすぐ来いよ。」































『……ほんとにありがとう…グスン…』

勝利「えぇ~...泣かないでよ~」

マリウス「...僕も泣きたくなってきた~、、」

風磨「いやいや 、お前は泣くなよ 笑」






ほんとに暖かいグループでした。ありがとう。










もどるか...あのグループに.....

ずっとSexy Zoneに頼るわけにもいかないし

Sexy Zoneに迷惑かけれないもんな...