無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

私が何をした
side  あなた


苛立ちのあまり忘れてたけど 、












私、怪我してるんだった!(´>∀<`)ゝテヘッ

(いやいやてへっ、じゃねーよby作者)









ですよねー...早く手当しなきゃ...貧血で

クラクラしてきた...あれ、誰かいる ?

やばっ.....倒れる...バタッ...







そこで私の意識の糸は切れた