無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

私が何をした
side あなた



もう、傷は痛くないのに、


























なんで?なんで涙が出るの 、











『なんでだろ…なんで 私なにかしたかな?』

勝利「大丈夫...あなたは何も悪くないから」

健人「大丈夫...俺らがついてるから、」

































『なんで、私なんかに優しくするの...!』













マリウス「あなたちゃんが大切だからだよ」

聡「あなたちゃんが頑張ってるの知ってる」

『...グスッ...私...私...信じてほしかっただけ...』
ただそれだけだったのに、なのに...なのに』









風磨「分かってる、分かってるから、おいで」

『ウッ……ウッ…………』













健人「あなたすっかり寝てるな...」

風磨「俺の上でな...」←

勝利「風磨君がおいでって言ったんじゃん」

風磨「そうだけど...まぁ可愛いからいっか」

マリウス「いいなぁ...風磨くん、ずるい」

聡「それにしても寝顔可愛い~ ♡」

健人「そうだなぁ.....ってかこいつJUMPに居させておいて大丈夫なのか?」











勝利「...大丈夫じゃないでしょ、」

マリウス「これは酷すぎるよね...」

聡「先輩だからって許せないな...」

風磨「とりあえず明日事情を聞くか...」










































なんて話してたのを私は知る由もない