無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

私が何をした
sideJUMP





あなた撮影来なかったな...

心愛が来てからJUMPの雰囲気が重い、






心愛「大ちゃぁ~ん♡」

大貴「.....」

心愛「大ちゃん??」

大貴「えっ...あっごめん考え事してた 。」

心愛「そーなの?心愛の事考えてた?♡♡」

大貴「う...うん!」

心愛「そっかぁ~♡なら許す~♡」








コンコン.....ガチャ...

?「失礼します。」

JUMP「.....ん??」

?「お忙しいところ失礼しますSexyZoneです」

心愛「えぇ~♡心愛に会いに来てくれたの??」

風磨「いいえ、違います」←

心愛「なーんだ...((ムスッ」

裕翔「ぉ 、どした?なんかあった?。」










健人「今、あなたはうちの楽屋にいます。」

JUMP「えっ!!/えっ...」

光「うそ...」

勝利「ホントです。何があったか知らないけど
この楽屋の前で倒れてました 。
それを聡が見つけて運んできたんです。」

宏太「そ...そっか...」

涼介「ありがとな、
あなたを連れてきてもらえる?
ずっといても迷惑だろうし!」

マリウス「それは出来ないです。あなたちゃんここにはきたくないって言ってるんで。」

侑李「...あいつそんなめんどくさいこと
言ってんの?馬鹿じゃないの 。」

聡「ううん、めんどくさくなんかないです。
それにしても、さっきから皆さんの態度
おかしくないですか?いくらなんでも
酷いんじゃないかと思います。」







光「あいつは心愛をいじめてるんだ、」

健人「それ見たんですか?」

光「...え?」

健人「皆さんははその現場を見たんですか?」

光「...いや...それは」









風磨「何も言えませんよね。先輩相手に失礼な事を言ってるのは重々承知してます。」















健人「だけど...だけど...これは絶対におかしい真実も分からないのに...メンバーを
傷付けるなんて。いくらなんでも酷すぎる。」








勝利「今日はこの辺で失礼します。」










マリウス「あなたちゃんはしばらく僕達が
面倒みるので心配しないでください。」





その時私は扉の前にいた。皆気づいてないけど

JUMPの言葉が酷すぎて、そしてあまりに

Sexy Zoneの言葉が暖かすぎたから。

涙を堪えて。そこを飛び出した。