無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

私が何をした
side 勇人


































『ねぇ...3人はさ私の事信じてる?』

「え?何言ってんの、急に 。笑」

健太郎「もちろん信じてるよ?」

亮「あったりまえじゃん!」





































『もし...私が誰かをいじめてても?』

「えっ...、」






健太郎「あなた、誰かをいじめてるの?」

『ううん...いじめてないよ...』

亮「...じゃあなんでそんな事聞くの?」










『...誰も...誰も私の事信じてくれないから。』





























その時のあなたは酷く荒んだ瞳をしていた。

いったい何がこんなにあなたを苦しめて

いるのか、気になるけどそれ以上踏み込んじゃ

いけない気がして聞くに聞けなかった。