無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

私が何をした
side あなた




























なんでこんな事聞いちゃったんだろう。

後悔した、こんなこと聞いても3人を

困らせるだけなのに...分かってる...分かってる

けど...聞かずにはいられなかった。だって

いつ、3人に他の友達に見捨てられるか

不安で怖くて。今にも泣きそうで。














『ごめん...ごめんね...みんなを
信用してない訳じゃないのただ怖くて...
ほんと、ごめんなさい、.....ごめん...』






































亮「大丈夫……絶対守るから」

健太郎「俺たち裏切らないから!」

勇人「あなたの事絶対離さない。」

亮「離してっていっても離さないから。」







『グスッ………グスッ………ありがとぉぉお』

亮「大丈夫、大丈夫………」

『みんな………ありがとぉ~...!!』