無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

私が何をした












ガチャ.....















『.......涼しい.........』








































少し風に当たった私は、屋上の柵に手を掛けた

ここになって、涙が出でくる.....



























『...な...んで、.....なん...なの.....グスッ』





















なんでなの?何回も何十回も死にたいって...










殴られるたび...蹴られるたび...思ってたのに...







あまりにも高いから?今更何泣いてるの自分





























やらなくちゃ...みんなの為だもん...大丈夫.....















『ガチャン.......死ねるよね.....』

ガチャ...!!












?「ッッ!...何やってんだあなた!」







































えっ?誰...、誰が呼んでる.....

でも...怖くて...怖くて振り向けなかった...