無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

私が何をした


?「何やってんだあなた、こっちおいで。」

?「どうしたの??話聞いてあげるから...ね?」








『.....やめて、ほっといて.....お願いだから...
私の名前呼ばないで.....泣いちゃうから.....










































皆 ………いや、勇人…亮…健太郎…』




















(声だけで分かるこの暖かい声...だけど、
今の私にはそれがひたすら苦しい...)




















勇人「無理、ほっとけないから。」

亮「そんな所にいないで、
こっちおいで?危ないから、ね? あなた」






































( むり...むり...泣きそう...ダメなんだって...
迷惑かけるの...泣くな私.....!)

































健太郎「....つかまえた 、 」

『嫌ッ.....離して、』

健太郎「...やだ...絶対...絶対離さない...」






















『中途半端に優しくしないで...!』





















苦しい 、苦しい … !!













勇人「ちょ...!あなた!」

亮「おいっ!あなた?!あなた!」

健太郎「うわッ......!あなた!待って!」
















































































もう 、傷付くのは怖いんだよ …