無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

私が何をした



『.........』

賢・正・亮「..........」

『あの...。』

賢・正・亮「...........」

『この間は、ごめん...なさい...』











賢人「行こうぜ。」

正孝「.....う...うん」

亮「...........」

やっぱり...か...嫌われたんだなぁ.....

やっぱ.....傷つくなぁ...慣れてたんだけど.....




















なんでだろう...涙が止まらない。