無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

私が何をした


今日は嵐の皆さんに呼び出された。

コンコン.....

『失礼します。』

雅紀「おぉ!!あなた!!ひさしぶり~」

智「来てくれてありがとう!!
適当にとりあえず座って~」

『う...うん。』

潤「...でさ本題なんだけど...」

和也「...あなたってさぁ...」




















翔「いじめられてたり...しない??」

『..........えっ.....』

潤「この間の音楽番組で
何回も当たられてたし。」

和也「それにこの間 、JUMPの楽屋前
通った時に、あなたを罵倒してる声が」

『いや.....きっと何かの間違いじゃないかな?』

雅紀「言い訳しないでよ。」

翔「嘘ついても、分かるんだからね。」





























和也「泣いてるよ、あなた。大丈夫??」

えっ.....泣いてる?.....私が?

潤「辛かったな...おいで。((ギュッ」

『...グスッ.....グスッ.......』


















また裏切られるの??信じてもいいの??

お願いだから、誰か教えて。