無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

私が何をした




翔「何があったか、教えてくれる??」

『.......』

和也「...辛かったらゆっくりでいいよ」










私は今までの事をすべて話した。





潤「.......そっか。」

やっぱり...みんなそうやって、

雅紀「辛かったね...あなた」

智「もう、我慢しなくていいよ。」

『...あ...ありがと...う(泣)』








.........コンコン

?「失礼します。あなた居ますか??」

『.............……ビクッ(怯)』

潤「大丈夫だからね(((ボソッ)」

智「居るけど、誰??入っていいよ。」

?「失礼します。Hey! Say! JUMPです。」

『.......…….....えっ.....こっ...こないで、』

涼介「何言ってんだ?ww帰るぞ~!!」

侑李「迎えに来てあげたんだから~
早く帰ろーよ!!(`ヘ´) あなた」

裕翔「心愛も楽屋で待ってるから...ね??」

『...……...いや...さわらないで!!(怯)』









雄也「お前!!いい加減にしろ!!...グィッ
(あなたの腕を引っ張る)」

『.......来ないで!!.........パチン』

雄也「痛ってぇな!!何すんだよ((殴」

『.......グハッ』













翔「いい加減にするのはお前らだろ!!」

智「あなたの気持ちを考えなよ。」

潤「メンバーに暴力ふるうとか、ありえねぇ」

HSJ「.............」

和也「とりあえず、あなたは預かるから。」

雅紀「心配しなくていいよ。」

『...........み...みんな...ごめん。』

HSJ「...........ギロッ」

『............』