無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

私が何をした
_side 嵐


翼「...嵐のみなさん...あなたが...」

血まみれになって倒れたあなたがいた。

雅紀「.....嘘でしょ.......」

智「と...とりあえず、救急車!!」

翔「救急車呼ばなきゃ!!」

潤「じゃ、俺スタッフさん呼んでくる!!」

和也「...あなた、大丈夫だからな...(泣)」

雅紀「いったい、誰がこんなこと...」

翔「HSJだろ.....許さねぇ。」


翼「...あなた...あなた...(泣)私...あなた
が居なくなったらどうすればいいの...??」