無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

私が何をした
_side嵐


ピッ...ピッ...ピッ...ピッ...

翼「...スー...スー...スー...」

...パサッ((毛布を掛ける。

翔「看護師さんに聞くところ、翼ちゃん、
あなたが倒れてからの2週間ずっと
夜遅くでも、朝早くても、1日も欠かさず
あなたの所に来てるらしいぞ...」

潤「.....あなた...いい友達をもったな...」

和也「...あなた...翼ちゃんのためにも
ファンのみんなのためにも...早く起きて
あげてよ...」

雅紀「...あなた...こんなに小さい体で
こんなに辛いことかかえて...」

智「相談してくれれば良かったのに。」


















絶対死なせない。絶対...絶対...絶対に。