無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

私が何をした


案外、事務所遠いなww←

早いとこ、ここからでないと...

見つかる...事務所前だし、


















「あなた!!ここにいた!!」

と、思った矢先に見つかったよww←

なんて余裕ぶっこいてる暇ない!!逃げなきゃ

「そうは、させないから。」

『陸上、全国1位なめんなよww...ε≡(*ノ`>ω<)』´











「おぉっと、捕まえた~(´罒`)」

『ちょ!!誰?!\( 'ω')/バッあっ...宏光くん...』

二階堂「舞祭組も居るよ~(´罒`)」

『えっ...』

藤ヶ谷「いきなり辞めるなんてどうした??」

玉森「あなた、何かあったの??」

『ッ...!!みんなには関係ないから...』

横尾「傷つくなぁ...ε-(´-`*)」

千賀「あなたちゃん、考え直してみたら??」

『私はもう決めたの!!』

宮田「何を??何を決めたの??」

『...ッ、私は...もう...辞めたいの』

北山「もうちょっと頑張ればいい事あるかもしれないじゃん??ね、あなた??」

『宏光くんにはわかんない!!』

?「あなた!!ジャニーズ辞めるって
どう言う事だよ?!」

『え...、涼真??さとみと、真剣佑まで...』

竹内「あなた、いきなりどうしたんだよ!」

石原「そうだよ!!私、心配したよ??」

真剣佑「なんかあったら言えっていったよな」

『クッ...!!それが!!それが辛いの!!さとみだって涼真だって真剣佑だって、
どうせ私の事めんどくさいとか思ってんでしょ!!...それぐらい分かるから!!』

竹内「そんな言い方しなくても!!皆お前を
心配して..._______」

『誰も心配してなんて頼んでない!!!!』

?「なんだよ!!心配して当然だろ!!」

『誰...!!..........』


















『.......光』

涼介「ねぇ...何があったか言って
くれないかな??あなた??」

侑李「あなたとやっと仲直り出来たのに、」

圭人「辞めちゃうなんて悲しすぎるよ...あなた、」

裕翔「もっと仲良くなりたいよ!!あなた!!」

慧「ねぇ、いきなりどうしたの??」

雄也「もっと仲良くなれるよ...俺たち...」

宏太「あなたは俺たちに勇気をくれた」

大貴「せっかく仲直りできたんだ...」

光「俺たち...仲間じゃん...?? あなた...??」















『...仲直り...できた...?勇気を...くれた...?














仲間だろ......?笑わせんのもたいがいにしろよ
今まで散々、お前らのせいで苦しんできた。
辛くても、辛くても...信じて、仲間だからって
でも、誰も信じてくれなかった。その上、
お前ら私になんて言った...?「お前なんか、最初から信じてない」、「仲間だって?笑わせんなww」って言ったよな、それが何??いまさら
「せっかく仲直りできた」、「勇気をくれた」...?仲直りしたつもりなんて毛頭ないよww
勇気をくれたって?ふざけんな、こっちは毎日
毎日、耐えて、耐えて、耐えて、耐えて!!!!
もう...うんざりなんだよ...もう楽にさせてよ...お願いだから...もう私の前に現れないで』






















































ごめん、こんな弱い私で。もう苦しめないで...