無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

私が何をした



また...また逃げてしまった...



せっかく...止めに来てくれたのに...












でも...でも...これでいいんだ...


そーだ...心愛の所に行かなきゃ...

もう皆に近づかないから...って

約束だから...そしたら手出さないって、
















心愛「あ~、やっと来た...遅いなぁ~」

『これで、いいんでしょ??』

心愛「うん!!あんたの絶望した
顔みれて幸せ♡」

『あっそ...もう、みんなには近づかないで』

?「あなた!!こんな所に居たの?!心配した!!」

『だ...誰?!』

風磨「俺...」

マリウス「僕もいるよ~(´罒`)」

聡「僕も!!僕も!!...(´罒`)」

健人「マイハニー♡迎えに来たよ♡( *¯ ³¯*)」

勝利「ずるい!!僕もいるからね!!あなた!!」

『せくぞのみんな...』

?「俺らもいるで~(´罒`)」

『え...関ジャニ∞...なんで。West、キンプリまで、』

信五「あなた、辞めるなんて嘘やんな??」

裕「俺ら、あなたが居ないと頑張れない」

亮「あなたちゃん、お出かけの約束してた
よね?まだ行ってないよ!だから辞めないで、」

すばる「あなたが俺の歌い方褒めてくれたん
嬉しかってん、まだまだ仲良くなりたい。」

忠義「あなたちゃん、冗談やんな??」

章大「もっと、お話とか沢山したいなぁ...」

隆平「あなたちゃんとは趣味が合う(´罒`)」







大毅「あなたちゃん、心配したで??」

淳太「てゆうか、そこのカバみたいな女誰?」

照史「あぁ...あいつね.......誰だっけ??」←

流星「あぁ、春.......春.........何だっけ?」←

崇裕「春山.........カバ子.......的な??ww」←

智洋「ちょ...濱ちゃん...wwそれはないww」




心愛「(˙ - ˙💢)...ちょ...ちょっとぉ~♡
春山ここあです♡」












廉「ねぇ...あなたの話でしょ...」

大毅「そーやったww」←

流星「忘れてた~(´罒`)」←

紫耀「あれ、紫耀も忘れてましたww」←

勇太「ねぇ...あなた、辞めるなんて言わんといてや...じんぐ、泣いちゃう...(´;ω;`)ウゥゥ」

『なんなの...ほんとに、嫌になる...』

優太「ねぇ...あなた、ほんとに、自分の
思いで辞めるん??」

玄樹「みんな、辞めないで欲しいって、
あなた、考え直してくれへんかな??」

海人「絶対、あなたを必要としてる人がいる。絶対、だから...帰ってきてよ...」

『.........................』

心愛「みんな、しらないのぉ??あなたちゃんは、心愛のこといじめてたんだよ~」

?「それは、お前だろ。」

『..........え?』













雅紀「ねぇ...春山さんこれ以上、自分が
傷つくだけだよ...」

潤「あなた、なんで相談してくれなかったの...めっちゃ心配したよ。」

智「ほんと、いきなりすぎるよ。」

和也「相談ぐらいしてほしかった...」

翔「ほんとに辞めるの?.....あなた?」

『.......心配...かけた事は、ごめんなさい。
でも、辞めるってのは本気だから。』























?「あなた.........??」





















『えっ.....................』































『翼.......な...んで.......??』

翼「それ、こっちのセリフだよ...(泣)」

『翼...ごめん、何も言えなくて』

翼「もう、信用されて無いかと思った...」

『ばか.....そんなわけないじゃん.....(泣)』

翼「バカはどっちよ.....(泣)ww」

『ほんと、ごめん。』

翼「めっ...ちゃくちゃ!!!!心配した!!!!(泣)」

『ごめん、』

翼「何回、電話しても出ないし!!(泣)」

『...ごめん、』

翼「皆さんと、走り回って探したけど...」

『そっか...ほんとに、ごめん。私のこと...
もう、嫌いになった?』

翼「うん。」

『.....そっか.....だよね~.......』






































翼「嘘ついて、無理に笑ってるあなたは
大、大、大嫌い!!!!.........でも...心のそこから
私に向けてくれる笑顔のあなたは大、大、大好き.....だから...自分に素直に生きてよ...」

『.......................』

翼「私、いつもそばにいるから絶対離れない」




















































































ねぇ.......翼.....その言葉信じてもいいかな...?