無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

私が何をした




.....____________コツコツ


『み.....みんな.......』






マリウス「あなたちゃん、どうして...??」

紫耀「あなた、なんでここにおるん??」

藤ヶ谷「.....えっ、」

潤「.....あなた、おまえ.....、」

丸山「あなた、どこ行っとったん??」

光「......あなた...」


























『私...やっぱり、わがままかもしれないけど
もう呆れられたかも知らないけど。もう私
なんか興味無いって、もう必要ないって。
自分から言っておいて、って思うかもしれないけど...でも。やっぱり、私.......私、やっぱ...』



























『みんなと一緒にいたい...(泣)』































『ごめん...なんて、わがままだよねww』



















『冗談...みんなに最後のお別れを言いたくて』






















風磨「...おまえ」

大貴「...あなた、馬鹿じゃないの??」

『だ...だよね...(´罒`)...今さら迷惑だよね』

大貴「ほんと、ばか。」

『ご...ごめん、私帰るね...__(泣)』














光「迷惑なんて誰も思ってない」

雄也「わがままとかそこも好きだから。」

慧「俺たちの姫はあなただけだよ。」












裕翔「心愛が、全部...真実を言ったんだ。」

























『.......えっ...??』