無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

私が何をした
___1ヶ月前...あなたが事務所脱退発表した頃

















_Side 健人




どーも!!俺はSexy Zoneメンバーの中島健人

です!!∠( `✧ω✧)/←

今、Hey! Say! JUMPの楽屋前でーす!!(´罒`)

え??何でいるのかって??決まってんじゃん←


















俺のマイハニーことあなたとお話するの!!←














って...誰かいる...??
















.....___________________

「.....な...ころ...やる」

(えっ??春山さん??俺あの人苦手~!!てか
さっきからなんか言ってるよね...??)

「あ....やつ...こ...してやる」

(え...??)

「あんなやつ殺してやる...(狂)」

(あんなやつ??誰のことだろう...)

「あなたなんて...死ねばいいのよww(狂)」

(え...、あなたって言った??)


















マリ「あれ...?健人くん??何してるの??」

聡「あれ?健人くん...先に
楽屋にいたんじゃなかったっけ?」


健人「しー!!シ━━━ッd(ºεº;)」


マリ「ど...どうしたの??((小声」

健人「今、JUMPの楽屋内で春山さんが
一人でなにか話してるんだ...その内容が...」
















.....__________

「あなたを蹴落とすためなら
何だってするわ、ww.....グサッ ジョキバコン
あんな女、消えればいいのに...(狂笑)」























聡「え...これ、やばいんじゃない...??」













風磨「お...中島...とマリと松島何してんだ?」

健人「ねぇ、ふまたん、聞いて...」

















....._________



「くそ...くそくそくそくそくそ!!!!!!!!!!(狂笑)
あんなやつ...今すぐにでも消してやる...」


















風磨「JUMP...JUMP呼んでこい!!」

聡「う...うん!!分かった!!」







.......____________数分後...


宏太「おぉ、どうした?セクゾが来るなんて」

大貴「だいぶ珍しいよね...!!(´罒`)」

健人「あの...静かにして聞いてください...」

慧「え...あ...うん。」

裕翔「てかこんな所で立ち話もなんだし
うちの楽屋寄ってかない??」

勝利「待ってください、聞いてほしいんです」

侑李「う...うん分かったよ。」
















........._______________

「あ.....や...ころ...やる」

圭人「ん...??なんて言ってるの??((小声」

「あんな...こ...してやる」

雄也「.....え?心愛??」

「あんなやつ殺してやる。」

涼介「え...」

「あなたなんて、あなたなんて、
居なくなればいい。目障りなのよ!!!!グサッ」

大貴「や...やばくない??ほんとに心愛なの??」

マリ「そうみたいですよ...どうしますか、」

宏太「どうするもこうするも.....」

光「俺たち...、とりあえず入ろう。」





.......________________ガチャ

心愛「.....えっ...??」

涼介「心愛?何やってるんだ?」

心愛「い...いや、これは...」



そこには自分で自分を傷つけている心愛がいた



心愛「...あぁ...バレちゃったかぁ...ざんねん」