無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

私が何をした




涼介「.....ってこと...」

圭人「ほんとにごめん、」

裕翔「俺たち...取り返しのつかない事を...」

慧「...お願いだから...戻って来て欲しい...」


















『.....みんな...私...私...辛かった...苦しかった...
寂しかった...死にたくもなった...でも...でも...、みんなの事考えてたら...少しの期待で
死ねなかったの...だから...だから...!!
もう、2度と泣かせないって...
もう、2度と独りにしないって...言って、
お願いだから...もう、寂しくさせないで...」












涼介「...ごめん、あなた今まで寂しい思い
させて、悲しませて...もう、2度と独りにしない。もう2度と泣かせないから...((ギュッ」

『.....もう、絶対...?』

光「うん...絶対。」

『...私...信じていいの...?』

慧「うん...お願い...信じて...」


『.........』





























『...当たり前じゃん!!
メンバーだもん!!(´罒`)』

















『でも...次泣かせたら...解散だからね!!ww』

大貴「そ...それは...ww(^^;」

『なに??泣かせなければいいんだよ( ≖_≖)』

大貴「う...うん!!分かったww」

『うそうそ!!冗談だよww』








































仲が戻ってもなお、大ちゃんいじりが得意な

あなたちゃんでしたww