無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

私が何をした


ねぇみんな、私が帰ってきてたら驚く、?

















楽しみだなぁ...そろそろ...戻って来る頃かな?

なんて言っても、今日はJUMPの結成記念日























私にとっても、きっと皆にとっても特別な日





















大事な、大事な日だから。忘れなれない。





















おっと...! そろそろ戻ってきたかな...?











........._______ガヤガャガヤ

裕翔『ガチャ...でさ~この前さ~...____ぇっ...』

侑李『ちょ、ゆーと止まんないでよ...__ぇっ』

光『ぇっ....あなた.....、?』

雄也『.....えっ、?! あなた...?! 嘘...ほんとに
あなた.....、?いつの間に帰ってきたんだよ』

大貴『ぇっ...ねぇ...これってゆめかn...___』

『あっ!!大ちゃん、夢じゃないよww』

宏太『ほんとに、ほんとにあなたなの、?』

慧『今まで、どこで何をしてたの?!』

『え...?、アメリカで、アーティストの活動』

圭人『なんで、連絡もくれなかったの、?』

『あっ、ごめん携帯変えたの!!ww』←

涼介『.....あなた... おかえり.....』


















『うん。...ただいま、(´罒`)』


































光『おい、!!なんでお前達だけしんみり
してるんだよ~!!』←

大貴『そーだ!!そーだ!!俺らも入れろ!!』←
裕翔『ちょ、子供じゃないんだから!!ww』

『ちょ、裕翔、大ちゃんは子供だよ』←

大貴『違うわ!!やめろ!!ww』

慧『とりあえず...お

かえり...あなた(´罒`)』

『うん、ただいま(´罒`)』









































今までのすれ違いが嘘のように、私達の

長く寒い 冬も終わり暖かい春が全てを溶かす