無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

寝坊
日曜日。






やばいっ!寝坊したッ!

11時待ち合わせなのに、今は10時50分。
普段の日曜日なら余裕でお昼頃まで寝ているからこうなるんだ...。
家から待ち合わせの駅までダッシュで約15分。

今から走ると5分遅刻する。
5分くらいならいいかなとも思ったが、生憎 今日は日曜日。
人がごった返していて、15分よりもっとかかるだろう。
さらに私の今のスタイルはパジャマ。
今から着替える時間もかかってしまい、駅につくのはもっと遅くなるだろう。

(とりあえず、大ちゃんにLINEッ!!!)



あなた

大ちゃんおはよう☀️
ごめんなさい、少し遅れます💦

ちょうど着替え終わり、メイクもパパっと終わらせて、今から家を出ようした時に大ちゃんからの返信が来た。
大貴
了解しましたっ!
急がなくても、大丈夫だからね👍
今は10時58分。

待ち合わせ時間まで残り2分。

死ぬ気で走らなくちゃいけない。

(大ちゃんほんとに優しいなぁ)

なんて大ちゃんの優しさに感動している暇なんてなく、急いで家を出た。













鍵をかけ忘れていた事にも気づかずに───。