無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

突然の登場《その2》
あなた

わぁ!伊野尾くん…?

《って!なんで!こんなチャラい人私無理ーー!》

あ。いまなんでコイツが来たんだ?って思ったでしょ
侑李
んー!慧!じゃま!僕とあなたふたりで登校するんだから!

《なんてったって涼介がいないもんね!》
あ、知念もしかしてもしかして?
おーっす!あなた!知念!伊野尾!
あなた

お!光!!

涼介
あぁ!ムカつく!イライラする!
あなた

お兄ちゃん!?

涼介は走って学校へ行く
女子
キャーー!山田くん!

《手を振っている》
涼介
《無視》
女子
キャーー!クールでかっこいー!
涼介
《意味わかんねーな(笑)無視しただけでクールとか》
女子
あっ!伊野尾くん来るよ!
おっはよぉ!!
女子
ギャァァァ!!
ふふっ
女子
あっ!光くん!
おはよ!みんな!今日も頑張るぞ!
女子
エイエイオー!
《スマイル》
女子
ぎゃぁ!!!
女子
つぎ山田君の妹と知念くんだって!やっぱ仲いいよね…
侑李
みんなおはよう♪
あなた

おはようございますッ!

女子
ギャァァァ!!知念くん可愛い!!
女子
あなたちゃんも可愛いッ♡♡
なんかかわいい女の子いっぱいいたね!
侑李
そーかな?僕はあなたが一番可愛いと思うけど
え?俺が一番可愛いでしょ!
侑李
は?
は?
な、何でもありません!
あなた

ふふっみんな面白いッ