無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

272
2017/10/31

第3話

サプライズ
あなた

え?たくさんの料理に、は、ハロウィンのコスプレに飾り付け?え?皆もしかしてこれの準備を?

ルキ
ああ、そうだ、よしえ、ユーマお帰り準備は出来ている、さあ、席に着け
ユーマ
おう、ただいまルキ、コウ、アズサ、おい、よしえ席つけよ
あなた

え?え?もしかしてハロウィンパーティーを?

コウ
うん、そうだよ、よしえちゃん、驚いてくれた?飾り付けは、僕とアズサ君でしたんだ!どう?すごいでしょ?!あ、よしえちゃんお帰り、さあ席着いてよ!
あなた

う、うん!コウ君アズサ君飾り付けご苦労さまありがとう、ただいま

アズサ
うん、お帰り、よしえさん待ってたよ
ルキ
まったく、よしえ、料理を一人でやったのは俺だぞさあ、冷めないうちに早く食べよう
あなた

ひ、一人で?!ごめんルキ君、私も手伝えば良かったね、で、でもルキ君ありがとう

ルキ
何を言うお前を驚かせようと思ってやったんだ大変だったがお前に手伝って貰う訳にもいかないだろう、まあお前が嬉しそうなら良かった
あなた

そ、そっか、皆ありがとうまさか皆とハロウィンパーティーが出来るなんて思ってなかったありがとうね

感謝をのべつつも、よしえは、皆のハロウィンパーティーの仮装に目を奪われていた