無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2017/11/01

第6話

無神家の計画していたこと
ルキ
ふっ、よしえ、いや家畜お前がお菓子を用意していない事など分かっている、その上で俺達は前から計画し、日頃血を吸わせて貰ってるお礼にパーティーを企画し、喜ばせ、その後ハロウィンらしくいたずらの変わりに吸血されて貰おうと思い企画していたんだだからお菓子の変わりに吸血させろ
ユーマ
そういうわけだ、吸わせろよ、よしえ、いや雌豚
コウ
エム猫ちゃん僕達準備頑張ったし、そのお礼に血頂戴(ウィンク)
アズサ
イヴ、血頂戴
あなた

そ、そんな…

よしえは逃げようとしたが
あなた

あっ…

ルキ
家畜お前礼もせずに俺達から逃げられるとでも思ってるのか?従順になってきたから最近は優しくしていたが主人達からの要求に応じず逃げようとするとはしつけのし直しをしなきゃ駄目か?
コウ
はい、エム猫ちゃん捕まえたよ、大人しくしなよ…
あなた

そ、そんな…で、でも分かったよ、皆頑張ってくれて私の為に準備してくれたんだもんね、なのに逃げ出そうとしてご、ごめんなさいそ、その吸って下さい

ルキ
そうだ、そうやって、従順になっていればいい、それでは順番に俺達に吸わせろ
そうして順番によしえは4人に吸われていき