無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

私 何かした? ~5
楽屋に入ると來々が泣いていた!

涼 -來々どうした?

咲良-來々どうしたの?

來々-愛菜ちゃんが…

涼 -なに?愛菜に何かあったの?

來々-違うの(泣)
愛菜ちゃんがショコラに近づいたら許さないって(泣)
近づいたら酷い事をするって(泣)
蹴ったり叩いたりしたの(泣)

咲良-本当なの?

來々-この録音聞いて(泣)


「調子にのるなよ」

「私はそんなつもりはないよ」

「嘘つくな」

バシッ ドカッ


咲良-嘘でしょ…

來々-これ見て(泣)


來々の身体には無数の痣がたくさんあった!


來々-思い出すだけでも怖い(泣)

涼 -アイツ最低だな!

咲良-うん!

來々-私を信じてくれる?

涼 -うん 信じるよ!

咲良-アイツをいじめない?

明奈-うん!

凌駕-今まで辛かったな!

涼 -よく耐えたぞ!