無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

話の展開について
 話が完結されたweb小説やSSをほとんど見ない。少なくとも、私が良いと思った作品は完結しないままで終わっている。
 これは実際、私にも当てはまることである。


 私が、作った話が続かない理由としては、




 この後の展開どうしよう……。




 これだけだ。
 これだけなのに、その存在はとても大きいものだ。
 このせいで眠り続けている小説がどれだけ私の端末にあるだろうか……知りたくもない。


 あなた様は次の展開に困り果てて挫折したことはないだろうか。
 少なくとも、きっぱりないと答える人はいないと思っている。


 そこで私が提案するのは、一旦全ての流れを作ること、だ。
 とりあえず、全ての流れを、最低でも起承転結がわかればいい。書くのだ。
 後はそこに、どのようにしてそこまで辿り着かせるか、主人公にどんな綱渡りをさせるかを考えていくとよい。


 執筆中に展開がわからなくなったら、舞台背景内で起こせるイベント、学校であれば学校のちょっとした行事を使うといいだろう。
 それでも思いつかないならば妄想を働かせる。そして、あんなことをさせたりこんなことをさせたり……。


 こほん。


 とにかく、なんでもいいから書いてみよう。以上。