無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

今でも鮮明に憶えてる・・・
結局あのあと、体調が悪くなり私はすぐに帰ってしまった。あのあと、二人はどこに行き何を話したのか凄く気になるが、カップルの間を邪魔をしちゃいけないよね・・・
あなた昨日大丈夫だった!?何処かで倒れてたりとかフラついて変な人に絡まれなかった?!
あなた

大丈夫だよ、苺は変なところで心配性なんだから・・・

心配性とかじゃないもん!体調が悪い人を見掛けたら誰だって心配するよ!!
あなた

はいはい・・・とにかく苺、落ち着いて?

ふぅ・・・ごめんね、でも心配で・・・昨日もあなたが帰ったあとずーっとあなたの話ばっかりで・・・電話しようか迷ったんだけど智に止められちゃった
あなた

そっか・・・心配してくれてありがとう苺、それとごめんね

うん、体調が悪くなったら言ってね!一緒に保健室いくよ!!
あなた

うん、ありがとう

こんないい子にヤキモチを焼くなんて罰当たりだなあ・・・

にしても、昨日の会話を少しでも知れてよかった・・・苺のこと利用した感じになっちゃったな・・・
よぉ、昨日は大丈夫だったかあなた。
あなた

うん、体調が少し寝たら良くなったよ。

そうか・・・良かったな
あなた

うん、迷惑掛けちゃってごめんね・・・?

別に・・・
もー!智ってば照れてるー!でも、好意はちゃんと受け取らないとダメだよー!!
わあってるって・・・じゃあな・・・・・・
へんなのー
具合でも悪いのかな・・・まさか昨日の私の体調悪いのが移ったとか・・・ないないない!大丈夫・・・だよね?


でもそれ以外では・・・もしかして、


嫌われた・・・?