無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,251
2017/11/04

第5話

見ないで
《あなたside》




衣「おっ。あなたじゃん。
お疲れプロデュース終わったのか?」


どうして今なの?


なんで見て欲しくない時に私を見るの?


『………お疲れ様です……終わりました。』


それでも少しの気力を絞って声を出す。


けど顔は見せれない


確実に変な顔してるから


衣「ん?具合でも悪いのか……?」


そう言って私の顔を覗こうとしてきた


だめだ……もう隠せない……そう思った


高「あなた帰るよ。」


そう言って私の手を掴んで歩き出した。


『え、あっ……』


急なことにビックリして出てきそうだった涙が引っ込んだ。


もしこれが衣更先輩があんず先輩にされてると思うと私は絶対に嫉妬するのに………


それなのに……


衣「あなた気を付けて帰るんだぞ〜
高峯もちゃんと送ってやれよ〜」


















































1mmの嫉妬もしてくれないんですね………