無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

リョウのツボが盗まれた
アナウンサー
ニュース速報です。
げ、朝からニュース?
せっかくの土曜日だっていうのにさ。
お母さん
あら、なんだろうねー。
あなた

うん。

や、正直どーでもいい!
アナウンサー
○○市の美術館から、最も高価である【リョウのツボ】が盗まれたそうです。
リョウのツボと言えばやはり椿の紋章でしょう。この………
お母さん
この美術館、うちのすぐ近くじゃない。
あなた

ほんとだ。
あの大きな美術館だよね。

お母さん
そうそう。
確か、夜のライトアップ祭がやってなかった?
アナウンサー
盗まれたのは昨日の午後10時~午前4時までの閉店時間、6時間とされております。
今週は夜のライトアップに照らされながら過ごせる『ナイトアップ期間』となっておりました。
あなた

ナイトアップ期間だってよw

すぐに祭りにしちゃうんだからー。
お母さん
物騒ねー。
ダメじゃない、係員の人は一体なにやってたの?
あなた

確かにねー。
お母さん、パンそろそろ焼けた?

お母さん
あっ焦げたかも。
もう。

けどまぁバカな係員のせいで盗まれたってわけね。
結局私にはどーでもいい話だったわ。