無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第11話

巡り巡るリョウのツボ
メーナ
…カエリマス。
リオナ
…好きにどーぞ。くそが!
あなた

リオナ…

どうしてこうなってしまったのかというと、さかのぼる事1時間。



私達5人はメーナさんという人に会い、カフェで事件のことなどについて聞こうとした。
カタコトながらもきちんと話してくれたメーナさんは、いい人だと思った。

さらにどうやら彼は犯行時間と思われる3時間はずっと車に乗っていたと言う。
美術館から片道1時間のショッピングモールに行ったと話していた。
それにその証拠として、メーナさんがショッピングモールを背景に撮った写真をもらった。
撮った時間が一緒に印刷される仕組みになってるらしく、右下には23:24と印されていた。
コウ
けどさー、ショッピングモールってそんな真夜中までやってるっけ?
犯人を必死で探すため、コウは疑問をすぐに口に出した。
メーナ
ワタシ、コウイッタ風景ヲシャシンが撮りタカタのでないやってOKです。
(私、こういった風景の写真が撮りたかったのでショッピングモールがやってなくてもいいんです。)
リオナ
フツーにおかしいって。
メーナ
オカシ?
リオナ
やっぱ外人は…や、あのですね、貴方さんはどうしてここに?
ほっ。
リオナが余計なこと言うかと思って焦った。
メーナさんはキレやすいし面倒で扱いづらいって根岸さんが言ってたしな。
メーナ
ワタシ達ベツのマンがジャパンにいちゃ、ダメなんですカ?
(私のような外人がが日本にいては、ダメなんですか?)
リオナ
別にそうじゃなくて…はぁ。
女の外国人って誰でもこんなんなの?
メーナ
…カエリマス。
リオナ
心の声(は?こっちはきをつかってんのに。)
リオナ
…好きにどーぞ。くそが!
あなた

リオナ…

リオナ
別に性別間違えただけじゃん?
なにあの…もう最悪。
マキ
リオナ。
リオナ
あ、ごめん。
言いすぎたかも。
よかった。
いや、よくない。
リョウ
メーナは犯人候補から外す?
リオナ
なんで?
写真だけじゃん。
リョウ
まあそうだけど…
場の雰囲気がまずい…
ここは私が!
あなた

もしかしたら、合成写真かも、、あはっ。

コウ
おーい。あなたがふざけるなんて…
誰か笑ってよ( ;∀;)
マキ
私、お父さんが研究者だから合成写真とかに詳しいよ?
ガチの話になっちゃったよ。
これ合成なのかなー?
リオナ
え?まじで!?
調べてもらってよ!
マキ
うん。
リョウ
けどこの写真、ちゃんと影とかリアルだし、合成っぽくなくない?
コウ
ま、一応ってことでさ。
マキがお父さんに頼むってことで、今日はお開きになった。と思っていたけど
マキ
やっば!
あなた

どしたー?

マキ
いつだか覚えてないけど、美術館にハンカチ落としちゃって。
コウ
別に次回行く時でいいじゃん。
マキ
大事なハンカチなの!
その、マリウスのサイン付きで…
だからそのマリウスって…
あなた

あぁ!セクゾのマリウス葉!?

マキ
そうだよー💓
大好きー!!!
へええ。←興味なし。
コウ
…😨
コウがなんか真っ青になってる。
リオナ
しゃーない、取りに行くか!
マキ
ありがとおおおおおお。
リオナ
5人で。
リョウ
はっ!?
最終的に5人で美術館へ。
        
マキ
あった!
マキは入り口に入ってすぐ、右のボックスにハンカチがあるのを見つけた。

正しくは、
“右の事務室の中にあるボックス”だけど。
コウ
入る?
あなた

しかないね。

事務室には、誰かがいた。
1人はあの警察だった。
リオナ
うおー!あいついるし。
警察官
ははっ。
どうせみんなこの格好に騙されるんですよ。
警察官
ですねー。
もう1人いるらしいが声は聞こえない。
警察官
この前も、子供5人組に言ってやりましたよ。
「最初からリョウのツボが盗まれるなんてこと事件なんてなかったんだー」って。
嘘ですけどねー。