プリ小説
一覧へ

第7話

うきうき
木本摩埜 (きもとまの)
よかった!

ヤバいー

私 モデルになったんだ!
はしゃぎ過ぎて前を見てなかった!
山田涼介
あっ!

危ない!
摩埜の横から車が来る
山田涼介
グィッ

オイ あぶねぇぞ!
木本摩埜 (きもとまの)
すみません😢⤵️⤵️
山田涼介
大丈夫?

怪我無い?

(摩埜の肩を抱いたまま)
木本摩埜 (きもとまの)
はい!

大丈夫です…

(びっくりしすぎて気絶してしまう)
山田涼介
おい

大丈夫?
木本摩埜 (きもとまの)
…………
山田涼介
仕方ない!

俺の家に連れて行くか!
摩埜の涼介の部屋に連れて行く

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

憂姫
憂姫
ジャニーズ ジャニーズJr.大好き♡ 俳優 女優 モデル 歌手大好き♡ FREE TALKnovel/XkJ8qd+ 憂姫の部屋novel/q1Hixo+
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る