無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

610
2020/11/07

第48話

分かってんの?








西畑 side







































『…これは、どうしたものか』



佐々木「(スースー)」



『…いや、そりゃメンバーだけど』



佐々木「…んんー…」



『…これは……………………持たへん。』←←




































ことは2時間ほど前。


あなたが飲めるようになってから


初めてのちゃんとした宅飲みをしようと


酒買いまくり、つまみ沢山買い、


家に着いて約1時間であなたが


べろんべろん。


かと思ってそのままにしておいたら


酔ってるくせに飲み続けるから


もう爆睡。


こいつほんま、いくらなんでも男と


家に二人きりやで?


俺の事なんやと思ってるんやろ















































『…起きてー』



佐々木「…ん、…ん?」



『はよ。爆睡だったな』



佐々木「んへ、西畑ぁ〜」



『おわっ、ちょ、俺も酔ってるから
支えてあげられる自信ないねん、離れて!』



佐々木「無理ぃ」



『じゃない!ほんま、色々無理…』



佐々木「んぇ??」



『んぇーじゃなくて、ほんま重いから…』



佐々木「酷い!!女子に重いは禁句でしょぉ」



『あーはいはいごめんなさい。』























































酒弱かったっけ…??


恭平も飲めるようになったから


なにわ全員でご飯行った時にも


飲んでたけど、全然余裕やったよな…


度が強かったんか??


いや普通の缶ビールやし


そんなこと考えとったら


いつの間にかあなたが離れてて


また爆睡してた。

















































『…無防備やなぁ』



佐々木「…ふふ、もう食べれな…い…」



『んぐっ』←←←



佐々木「ふふ、プリンやぁ」



『あかんこいつ夢の中でも食べとんのか』



佐々木「ふふっ」



『…まぁ、優しいからまだ手は出さへんよ。
おやすみ。』





























































ほんま、顔はええんよなぁ


なんでモテへんのかが不思議やわ


…いや、影でモテてんのか?


昔っからずっと一緒におるから


もうわからんわ 笑


まぁこれからも頑張ってこうな、頼りにしてるわ