無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

突然の告白。
641
2017/11/08 07:26
あなた
え~。誰だろ。
大倉
あなたちゃんは、どんな告白されたい?
あなた
私は~。なんか、2人で居て沈黙流れる中、『好きや。』って言われるのですかね~?ニコニコ
大倉
そーなんか笑
店員さん
お待たせしました!
生ビールお2つでーす!
あなた
ありがとうございます!ニコッ
大倉
じゃあ乾杯しますか?ニコ
大倉 あなた
かんぱ~い!
あなた
ゴクゴクゴク
はぁー!美味しいな~。ニコニコ
『もうほぼ無くなっている』
大倉
おぉ。凄い飲むんやなぁ笑笑
可愛ええわ。ボソッ
あなた
んふふふ~ニコニコ
大倉くん好きぃ~。ニコニコ
急に告白?!
酔いが回ってるから?それとも本気?
あなたのホントの気持ちは?
大倉
はいはい、ありがとう~。、ニコッ
(↑嘘だと思ってる)
その後も飲んで。
大倉
そろそろ行く?笑笑
あなた
行きましょ~!!!!!!
(凄い酔ってる)
大倉
大丈夫なんか笑笑
あなた
大倉くん、公園行こ?
大倉
え、おん、ええよ?
公園に着き
あなた
久しぶりだー、ニコニコ
ブランコ♪(乗る)
大倉
落ちちゃうんやないで~笑
あなた
落ちまs……
大倉
危ないッ!ぎゅっ
あなた
ふぁっ///////////////
大倉
ご、ごめん。///
ベンチまでこのままでもええ?////
あなた
コクコク
お姫様抱っこで、ベンチまで行く。
あなた
ありがとうございます///
『今ので酔いが覚めた』
大倉
ええよ/////
沈黙が流れる
大倉
……好きや。
あなた
はい……え?!
あなた
い、今なんて?!