無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

キャラ
次の日、、
ジリリリリリリーーー


もう朝か、、


眠い、、


顔洗ってさっぱりしよー


ふぁぁぁぁ、、、


ガラガラ
あなた

きゃ!ごめん!!

長谷川くん
ノックぐらいしろよ
あなた

鍵ぐらいかけようよ!!

ガラガラ
はぁーーー、、、


やばかった


そういえば昨日から居るんだった(失礼笑)

でも、やばかったなぁ


長谷川くんは朝お風呂に入ったばかりで暑いのか下はスエットで上にはなんにも着てなくて


腹筋綺麗に6つに割れてたなぁ、、


髪の毛が乾いてなくて水がちょっと滴ってるのもいいしそれをちょっと鬱陶しそうにはらう仕草もエロかったなぁ


え?!あれ?!!


朝からなんていうこと考えてるのわたし!!!


ある意味目覚めたし、朝ごはんでも作ろう
できたー!!!


今日の朝ごはんは


味噌汁とご飯と卵焼きとサラダ


土日に作っておいたカボチャの煮付けと切り干し大根の煮物とひじきの煮物


待てよわたし、、


相手は王子だよ??


こんなおばあちゃんみたいな超和食な朝ごはん喜んで食べるわけがないじゃん、、


せめてパンとか洋食にすればよかった

ガチャ
長谷川くん
おぉ!!すげー!!本格的だな!俺の分もある?
あなた

もちろん!早くしないとなに合わないから食べよ!!

こんなに喜んでもらあるとはおもわず内心びっくりしてる
長谷川くん
いただきます!!
長谷川くん
うっまーー!!!
長谷川くん
あなたすげーな!
こんなに喜んでもらえていい食べっぷりをみたら作ったこっちまで嬉しくなる
あなた

ありがとう、、

長谷川くん
なんか素直じゃね?
あなた

いや、いつも素直だから!!

長谷川くん
どーだか
あなた

長谷川くんこそ、学校と全然違うじゃん!!もしかして…キャラ作ってたりして??!

長谷川くん
そうだよ
やっぱ、王子は王子……じゃないの??!!


え??!!


なんかあっけない
長谷川くん
だってそっちの方が楽じゃん
そ、そうですか、、
長谷川くん
じゃあ俺、先でるよ
あなた

じゃあわたしも洗い物したら出るから

長谷川くん
あ、
あなた

なに?

長谷川くん
は?
長谷川くん
俺の名前湊だから
はい、知ってますけど、、、
長谷川くん
ほんと鈍いな、、湊って呼べっていってんの、呼ばなかったら同居のことバラすから
ガチャ


ええぇぇぇぇぇ!!!


言い逃げですか?


脅迫ですか??