無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

嵐の前の静けさ
ジリリリリーーーー


あさ。。。


あれ?わたし、昨日あのあとどうしたっけ?


あれ?


ここわたしの部屋じゃない!!


湊くんの部屋だ!!


あれ?湊くんは?

一階に降りてみるとリビングのソファーに湊くんが寝ていた


あ、課題をやってるあいだに寝ちゃったんだ、、、



あ、課題!!


課題を見てみるとヒントを書いたふせんが課題に貼ってあった


あ!そういうことか!!


これを解いて代入したらいつもの形じゃん!


ここまでこればできる!!
ああー、スッキリした!


朝ごはん作ろう!!
もうすぐ7時半だ、、、


そろそろ湊くん起こそう
あなた

湊くんー!!
おきてーー!

湊くん
うぅーーんん。。。、
寝返りをして反対側を向いてしまった
あなた

7時半だよ!!
早く準備しなきゃ!!

返答なし……
あなた

みーなーとー!!!
おきろーー!!

湊くん
はいはい、わかったわかった
起きてる起きてる
そういって笑いをこらえてる湊くん
あなた

たべるよ!!

湊くん
はいはい
あなた

いただきまーす!!

湊くん
いただきます
あ、そういえば……
あなた

昨日の夜はご迷惑をおかけしました

湊くん
あぁー、すげー重かった
ふつう嘘でも軽いっていうでしょ!!
湊くん
ガリガリだったら胸もないだろ?
別に体重なんて健康だったらなんでもいいんじゃない?
こういうことを素で言えるからこの人はモテるのだろう


最初の発言で台無しだけどね
湊くん
お礼、カレーがいい
あなた

カレー好きなの?

湊くん
おう、1番好き
めっちゃ以外……


フレンチのフルコースとか食べてそうなのに笑
家を出て学校に行く途中女子高生にあった
女子高生
今の〇〇高の制服の人こっちの方から歩いてきたよね!!
女子高生
めっちゃカッコよかったよね!!
女子高生
どこに住んでるんだろうね!!
うわー、、、


こういう人もいるんだ、、


そりゃ湊くん1人で留守番させるの危ない


そんな風に他人事に思っていた


昼休み。。。


今日はお弁当も間違えなかったし里奈とたべれるーー!!


そう思っていたのに。。。
生徒
いたよー!!!!
バダバタバタ
里奈
なんか廊下騒がしいねぇ〜
あの5人が通れば廊下はいつでも騒がしいけどね
里奈
あれって王子の過激派なファンたちじゃない??
ちょうど教室の前のドアからこっちを見ている


あれ?目が合ってる……?
生徒
ちょっとあなた!!
生徒
早くきて!!
わ、わ、わたしですか??


王子の過激派のファンに両腕を掴まれて校舎裏まで連れていかれた