無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

文化祭準備
学校で倒れたあと湊くんがめっちゃ心配してくれました


そして文化祭まであと1日!!


わたしは今体育倉庫にいます


学校の近くのお祭りで生徒もたくさん来ていたらしい


これはまずいことになった



わたしは劇の裏方なので


前日のリハーサルが終わっているので全く仕事がない


だから誰かに迷惑かけることはないけど誰も気づかない可能性がすごく高い


体育倉庫なんか体育がある日しか開いていないし近くを人も通らない


2時ぐらいに閉じ込められたから今は3時ぐらいかな??


体育倉庫は意外にあったかくなんだか眠くなって来た


最近文化祭の準備で忙しいあんまり慣れてないからちょっとだけ寝ちゃおう















ぬは!!!


今何時??!


そうだ、リハーサルの帰りだったから携帯とか連絡手段をなんも持ってないんだ


けっこう暗くなって来てるから5時とか6時ぐらいかな??


湊くん気づかないかなー?


湊くんが気づいてくれなかったら私は次に体育倉庫が開くのが5日後だから確実に餓死だね
二度寝いやふて寝の体制に入ろうとしたとき


ドンドンドン!!!


と強くドアが叩かれた
湊くん
あなたいる?!!いたら返事して!!
あなた

ここにいるよ!!

湊くん
事務の人に鍵で開けてもらうからちょっと待ってね!!
カチャカチ


がらがらがら
開いた!!
湊くん
よかった、こんなとこにいたのか
あなた

昔もわたしがかくれんぼしてる間に公園の倉庫が閉まっちゃったときも助けに来てくれたよね!

湊くん
え、、、思いだしたの?
あなた

あ、うん!
ほんとはね、この前倒れた時に思い出してたの

湊くん
そっか、よかったな
そういって湊くんは優しく微笑んだ
やっぱりこっちの笑顔の方が自然でわたしは好きだな
この笑顔があれば元気100倍!!



よし!明日の文化祭頑張ろう!!