無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2


あなた「他に誰か同じクラスで知ってる人いた?」



(ユイ)「んーとねー。あ、そういえば言い忘れてたんだけど。アイツも一緒らしいよー」



あなた「え?あいつって誰のこと?」


(ユイ)「さすが鈍感、あれだよーあんたのこと狙ってる、アイツ」



あなた「あー、マサキね。だからさ〜、絶対狙ってないってば、仲良しなだけ。」


(ユイ)「ほーらまたそう言ってー、モテる女は違うねぇ〜」


朝からユイの口は止まらないけど、それは放っておいて。


マサキと一緒か〜、また今年もいろんな女の子にマサキのこと聞かれそうだなぁ…



変なことに巻き込まれませんように。