無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3
そうそう、マサキは小学校から仲良い唯一の男友達で。


顔はまぁイケメン、運動神経抜群、頭も良い。


ってなわけでどこに行ったってモテモテ。

私からしたら考えらんないけどね〜、ワガママだし人使い荒いし。
でも弟みたいで可愛らしいところもあって。


幼馴染って言わないかもしれないけど、幼馴染?って聞かれるとつい頷いちゃうくらい仲良いから、私たちの中では幼馴染って事にしてある。



あなた「マサキー、おはよ!」


(マサキ)「あーおはよ、お前も一緒か」


あなた「なんか元気ないねー、どうしたの?」


(マサキ)「別に」


(ユイ)「なにそれー、大好きなこいつと同じクラスで嬉しくて照れちゃってる?」


あなた「もうー、ユイは変な口挟まないの!」


(マサキ)「照れてはねえけど」


(ユイ)「けど、あんたのことは好きだから嬉しいってよ〜!」


騒がしいユイは無視しておいて。


どうしたんだろうなー、顔色悪いのは気のせい?気にしすぎかな、