無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5

うわー、また緊張してきた。
男の先生?女の先生?


今までずっと女の先生だったから、最後くらい男の先生でも良いかもなぁ。


でも、どんな感じなんだろう。女の先生だとなんでも話せるけど、男の先生だとそうはいかないだろうし。



明るくて楽しい先生が良いな〜。あー、ソワソワする。



(ユイ)「ねー、担任誰だと思う?」


ユイはいつも私が考えてることを見抜いてるみたいに話しかけてくる。エスパーかよ、って突っ込みたくなるくらい同じでむしろ怖い。


あなた「どうだろうねー。明るい先生が良いな」


(ユイ)「さっきチラッと聞いたんだけど、今年新しく入る男の先生がめっちゃイケメンらしいよ!その人が良いなぁ。」


あなた「ほんとユイはイケメン好きだね?また恋しようとしてんのー?中身の方が大事でしょ。」


(ユイ)「教師と恋愛とか、憧れない??考えるだけでキュンキュンしちゃーう❤︎」


あなた「はいはい。漫画じゃないんだから」