無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

8

それにしても女子にモテそうな先生だなー、マサキには負けるかもしれないけどね。


あなた「マサキー、今日やっぱり元気ないよね?」


(マサキ)「そう?」


あなた「いつものマサキじゃないみたいだよ?」


(マサキ)「いつもの俺ってなんだよ」



あなた「え…、なんでそんなに怒ってるの?」


(マサキ)「もう、今日は放っておいてくれない?」


あなた「あ、ごめん…」


なんか悲しい。いつものマサキなら笑い飛ばしてくれるのに。冗談言って笑わしてくれるのに。


心配になるじゃん。まーでもマサキにもそういう時くらいあるよね。今日はもう話しかけるのやめよーっと。