無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9



(ユイ)「なに、あんたマサキと喧嘩したの?」


「喧嘩ではないけど…」


(ユイ)「もー、新学期からなにしてんのよ」


(あなた)「心配しただけだもん」


(ユイ)「マサキが弟みたいにかわいいのもわかるけど、もう高三よ?良い年頃よ?」


あなた「わかってるけど…」



(ユイ)「今までみたいには行かないって思いなさい」


あなた「うん…」


そうだよね、ユイの言う通り。薄々思ってた。


マサキが弟扱いされるの嫌がってるんじゃないかって。


同学年の女子にされても良い気しないよね。ゴメンね、マサキ…


って今更素直に言えそうにもないし、謝れそうにもない。


でもそのうちちゃんと言わないとなぁ。