無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11
masaki side

そんなわけで新学期から憂鬱な気分で。



でもそれだけじゃない。


一番憂鬱な原因は、腹違いの兄貴。
腹違いにしては似てるってよく言われる。父親は同じだからね。


兄貴の母さんは死んで、数年後俺の母さんと結婚して、俺を生んだ。


兄貴は頭良くて、スポーツもできてずっと憧れの存在だった。しかも誰に対しても優しい。


でも同時にコンプレックスでもあった。腹違いの兄貴がいるって知ったら友達が何て言うかわからないし。


兄貴と比べられるのも嫌だった。
だから周りにはずっと隠してた。知ってんのは俺の家族と親戚だけ。


そんな兄貴は去年教員免許を取った。
昔から先生になりたいって言ってたし、俺も祝福した。