無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12
masaki side

けど、その兄貴が俺の学校に来ることになった。志望したのかどうかは教えてくんねーけど、何故か。


バレないか心配しながら生活するなんて憂鬱な日々を考えるだけで嫌になる。

秘密にしてたって言ったらアイツもユイもショック受けるだろうし。


しかも、何より兄貴はモテる。イケメンでスポーツできて、優しい。こんな完璧な男なかなかいねーよなぁって位。


まさか…とは思うけど、邪魔されたりしねーかな、って勝手に心配して。変なこと考えてる自分も嫌になる。

アイツは兄貴に会ったことないし知らねえけど、俺と毎日帰ってる子の事くらい兄貴は知ってるだろう。