無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13

(マサキ)「なー、兄貴」



(桜井先生)「ん?」



(マサキ)「何で俺のクラスの担任なれたの?」



(桜井先生)「あー、マサキとの事バレてねえからさ」



(マサキ)「あ、そう。なら良かった」




(桜井先生)「何でこの学校来たか知りたい?」



(マサキ)「いや、まー別に。」




(桜井先生)「実はねー研修の時に校長先生に引き抜かれたんだ。うちの学校で働かないか、って」


(マサキ)「え?」



(桜井先生)「嘘じゃないよ。(笑)気に入ってくれたらしくてね。」



(マサキ)「そっか。」