無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

14
masaki side

焦った。兄貴にバレてたのかもな。兄貴がこの学校来た理由知りたかったこと。


兄貴は鈍感そうに見えて、実はすごく敏感で。普段表には出さないから他人からは全くわからない。


俺は最近やっと分かるようになってきた。でも偶に何考えてるか分からなくて怖く感じることもある。


でも、他の人よりは俺が一番兄貴のことを知ってるはずだ。親よりもずっと一緒にいるから。


親父はいつも帰ってくるのは12時を回ってからだし、母さんも遅い。共働きだからしょうがねえし、むしろ居ない方が楽で良い。


兄貴も、母親が帰ってくると部屋から出てこなくなる。まあそりゃそうだよな、本当の母親じゃねーんだから。



兄貴は親父が大嫌いだ。仲良く話してるところなんて見たことがない。お互いに話す時は敬語で、赤の他人みたいな感じにも見える。


きっと昔何かあったんだろうなーとは思ってるけどこれは勝手な憶測で。

前に兄貴に言ったらドラマの見過ぎ、って笑われた。それから1回も聞いてないから真相はわからない。